【福利厚生紹介第9弾】近隣引越支援制度

様々なサポートが魅力的なデジタルサーカスの福利厚生。
今回ご紹介する福利厚生は、『近隣引越支援制度』です。


近隣引越支援制度

この制度は、社員が通勤時間短縮のために近隣に引っ越す際に、引越し費用を支援してくれる制度です。
引越をすることでより会社に近くなり、通勤の利便性向上、作業効率UP。会社・社員ともにメリットになる支援です。

支給内容

引っ越しに伴う初期費用が支給されます。
支給範囲の例

  • 引っ越し業者に支払う引っ越し代
  • 不動産仲介手数料
  • 管理費
  • 火災保険料
  • 鍵交換代
  • 初回保証料
  • 礼金

※敷金は返金対象のため対象外です。

※この制度は原則としてオフィス通勤者に対しての制度です。 在宅希望者が制度を希望した場合は、状況を考慮のうえ検討されます。


支援金額は?

会社からの支給金額は、引越前の2年間の通勤定期代と引越後の定期代との差額で決まります。

たとえば、、、

【Aさん:北千住在住→渋谷へ引っ越し】
現交通費は1か月8,620円×24か月=206,880円
引っ越し後の交通費は1か月6,300円×24か月=151,200円
差額は55,680円

【Bさん:八王子在住→渋谷へ引っ越し】
現交通費は1か月25,750円×24か月=618,000円
引っ越し後の交通費は1か月6,300円×24か月=151,200円
差額は466,800円

引っ越しの初期費用はなかなか負担が大きいので、費用の一部を支給してもらえるのは本当にありがたいです!
通勤時間も短くなるので、引っ越しの決断がしやすくなりますね。

ちなみに、この制度は、利用後2年間は再利用できません。
うーん、引っ越し魔の私は2年ごとに引っ越して、最後は会社に徒歩距離になってしまいそうです。。



デジタルサーカスの福利厚生

プロフェッショナルとして活動する様々な人達を歓迎するデジタルサーカスには、沢山の福利厚生が用意されています。
ぜひバックナンバーもご覧ください!

▼福利厚生紹介シリーズ、過去記事はこちら
-【福利厚生紹介第8弾】MacBookアップグレード制度
-【福利厚生紹介第7弾】リファラル採用制度
-【福利厚生紹介第6弾】資格取得支援制度
-【福利厚生紹介第5弾】長期休暇取得支援制度(サバティカル休暇)
-【福利厚生紹介第4弾】コミュニティ活動支援
-【福利厚生紹介第3弾】チーム懇親制度
-【福利厚生紹介第2弾】DrupalCon参加支援制度
-【福利厚生紹介第1弾】リモートワーク手当導入のお知らせ

▼デジタルサーカスでの就職に興味をもたれた方の入り口はこちら
- デジタルサーカス採用情報



Tags: