開発スタイル

チームのコミュニケーションを重視したスクラム開発を導入

デジタルサーカス 開発スタイル

デジタルサーカスでは開発チームごとにチームのコミュニケーションを重視したスクラム開発を導入しています。デイリースクラム(朝会)や計画ミーティング、スプリントレビュー(目標や課題、振り返りなどのミーティング)を行い、自律的かつ、透明性を重視した自己組織化チームを目指しています。

打ち合わせなど、社内の公用語は日本語です。メンバー全員が日本語で会話をし、作業依頼も日本語です。外国籍のメンバーは、このような環境の中でより日本語力をアップさせ、円滑なコミュニケーション力を身に着けています。

フラットな関係性で活発に意見が飛び交う現場

作業は5〜8名前後のチームで行います。チームメンバーはほぼ全員がDrupal技術者で、チーム内で日々の進捗や課題を共有し合い、協力しながら業務を進めていきます。
メンバーが働きやすく仕事に打ち込むための環境作りを大切にしていて、自由度の高い環境です。こんな方法ではどうか?こんな表現はどうか?など、ミーティングでも自由に発言でき、フラットな関係性が特徴です。

公平性や客観性を実現した評価

毎年、複数のさまざまな立場のメンバーから評価をもらい合う360度評価を実施しています。公平性や客観性を実現した評価によりモチベーションアップにつながっています。

デジタルサーカスのワークスタイル

エンジニアだけじゃない、豊富なキャリアパス

デジタルサーカス 開発スタイル

プロジェクトではプログラムの開発以外にも、お客様への要望ヒアリングや資料作成、CMSの設定作業、品質管理(テスト)、運用サポートなどたくさんの業務があります。
プログラム開発経験がない方でも、開発以外の業務を行いながら、技術について学んでいくことができます。将来はエンジニアだけでなく、プロジェクト管理者や品質管理担当者などさまざまなキャリアパスがあります。

多様性(ダイバーシティ)への取り組み

デジタルサーカスには創業当時から多様な国籍のメンバーが働いており、様々な文化の人たちが一緒に仕事をする土壌があります。
国籍だけでなく、性別や年齢、バックグラウンドに関わらず、それぞれの環境や意欲に応じたワークスタイルを推進しています。
子育てや介護との両立、長期休暇の取得など、メンバーそれぞれがワークライフバランスを考慮した働き方を気兼ねなく選択できる環境が整っています。

デジタルサーカ 多様性(ダイバーシティ)への取り組み

ワークスタイル変革

デジタルサーカスでは創業当時から海外在住メンバ含め、個人の事情などを考慮したリモートワークを導入してきました。
2020年頃より、多くの企業でリモートワークの導入と働き方改革の取り組みが開始され、デジタルサーカスでもリモートワークの強みを活かし、クライアントへのサービスの品質向上、パフォーマンスUP、業務の効率化、ワークライフバランスの向上などを重視したワークスタイル変革に取り組んでいます。

■ 取り組み事例

  • クライアントとのWeb会議では情報伝達ミスやコミュニケーション不足による認識のずれをなくすため、ミーティング頻度の見直しやサービス品質の向上を心がけています。
  • 社内ではデイリースクラムや計画ミーティングなどの定例ミーティングの他に、Slackや Zoomなどを利用し、いつでもコミュニケーションが取れるような仕組みを作っています。
  • 効率よく作業を進めるために必要なディスプレイやキーボードなどの備品の準備や安定したネットワーク環境など、安心安全な作業環境を整えています。
  • ワークスタイルの変化により、福利厚生をリモートワークに特化した内容にアップデートしました。
  • ワーク環境に関する社内アンケートを定期的に実施し、メンバーそれぞれの工夫の共有や課題の改善をしています。
  • リモートワークによる費用負担軽減のためリモートワーク手当の支給をしています。
  • 物理印を廃止し、電子印を利用した電子契約を進めています。
  • 請求書などの紙媒体を電子化することで業務効率改善やコスト削減を図り、ペーパーレス化を進めています。
  • 多様な働き方により海外など遠隔地を拠点とするエンジニアの採用を強化しています。

など

働き方

デジタルサーカスでは、オフィスへの出勤/リモートワークを使い分けるハイブリッドと、完全フルリモートの2つのワークスタイルを用意しています。

【ハイブリッド】

常にオフィスワークやクライアント訪問可能な状態に保ち、リモート/オフィス/クライアント訪問を状況に応じて適切に使い分ける働き方。

【フルリモート】

緊急時などを除き、基本的に全ての業務をリモートで実施する働き方。

リモートワーク基準

リモートワークにおけるガイドラインは次の3つです。

  • 仕事に支障のないネットワーク環境を自前で用意できること
  • 勤務時間中にクライアントやチームメンバと電話/Slack等でリアルタイムにコミュニケーションが取れること
  • 会社のセキュリティ基準に沿って業務を遂行できること

など

ワーク環境の最適化

デジタルサーカ ワーク環境の最適化

リモートワーク環境を快適に過ごすための支援制度(リモートワーク手当)をはじめ、自分に合ったキーボードやマウス、ディスプレイ等の購入支援も行っています。
表参道にあるオフィスはたっぷり休憩ができる大きめのソファー完備のリフレッシュスペースやフリーアドレスのワークスペース、換気がしやすい大きな窓、快適なWi-Fi環境が整っています。